本文へ移動

リフォームお役立ちコーナー

トイレリフォームで失敗しやすいポイントとは?住之江の業者が解説!

2020-08-05
「住之江で、トイレのリフォームを検討している」
「トイレリフォームに失敗しないためのポイントを教えてほしい」
住宅のリフォームでも、トイレのリフォームをされる方は多いです。
しかし、トイレのリフォームは、失敗しやすいことをご存じですか。
そこで今回は、トイレリフォームの注意点をご紹介します。
 
□トイレリフォームに多い失敗例
トイレリフォームでは、どういったことに失敗しやすいのでしょうか。
まずは、トイレリフォームの失敗例を見ていきましょう。
 
*トイレの床材
トイレリフォームで、床材選びに失敗される方は多いです。
トイレの床材は、色や雰囲気で選ぶものだと思っていませんか。
特に、木材を床材にしようとお考えの方は注意してください。
木材は、水に弱い性質を持っています。
そのため、水が付着したまま放置していると、すぐに変色してしまう可能性があります。
確かに、木材を床材に使うことで、トイレをおしゃれに演出できます。
しかし、機能面や性質を考慮すると、あまりおすすめできません。
 
*便器の大きさ
近年では便器の開発が進み、さまざまな機能が追加されているものが多いです。
しかし、そういったトイレは、サイズが大きい場合があります。
そのため、しっかりとサイズを確認しておかないと、トイレが狭くなってしまうでしょう。
新しく便器を購入する際は、まず、トイレの広さを把握しておく必要があります。
便器を設置しても、少し余裕が残るくらいの大きさを選びましょう。
 
*ドア
ドアの開き方で失敗される方も多いです。
ドアを内開きにしてしまうと、ドアを開く分のスペースが必要になってしまいます。
そのため、ドアを開けた際のスペースを考慮するように気をつけましょう。
 
□トイレリフォームの注意点
トイレリフォームで注意すべきことは、トイレの面積と、トイレに適した素材を選ぶことです。
一般的には、トイレに広いスペースを確保している住宅は少ないです。
そのため、トイレの広さに合わせて、便器や手洗いを設置する必要があります。
また、トイレの壁や床に使う素材は、湿気やカビに強いものを選びましょう。
トイレは、住宅の中でも汚れや臭いが目立ちやすい場所です。
そのため、通常の素材だとすぐに劣化してしまう可能性が高いです。
 
□まとめ
今回は、トイレリフォームの注意点についてご紹介しました。
これから、トイレリフォームをしたい方は、失敗しないように注意しましょう。
リフォームでは、専門家の意見を聞くことが重要です。
そのため、リフォームに関してご不明な点があれば、一度当社にお問い合わせください。
株式会社プロバイス
06-6115-1717
〒559-0024
大阪府大阪市住之江区新北島1-2-1 オスカードリーム1階
TEL.06-6115-1717
FAX.06-6115-1818
営業時間:
10:00-19:00
(日曜日は18:00まで)
定休日 :毎週水曜日
TOPへ戻る