本文へ移動

リフォームお役立ちコーナー

住之江区のマンション在住の方へ!トイレをリフォームするときの注意点とは?

2020-03-22
「トイレをリフォームするときの注意点を知りたい。」
「トイレをリフォームできない場合があるのか知りたい。」
このような考えの方は多いのではないでしょうか?
マンションの規約に反している場合はリフォームができないこともあります。
この記事ではトイレをリフォームするときの注意点について説明します。
 
□トイレをリフォームするときの注意点について
*排水方式の違いで設置する便器が変わること
トイレには壁排水と床排水の2種類の排水方法があります。
新しいマンションはほとんどが床排水タイプです。
この排水方式によって、設置できる便器が異なるので、リフォームを検討する際にご自身が住んでいるマンションの排水タイプを把握しておくと良いでしょう。
確認方法はとても簡単で、トイレの後ろ側にある排水管が床に繋がっているか、壁に繋がっていかで判断できます。
 
*タンクレストイレが設置できない可能性があること
最近人気のタンクレストイレは水道に直接つないで水を流しますが、水圧が高くなければ設置が難しいと言われています。
マンションのトイレは水圧が低いことが多いので、設置できない可能性もあります。
タンクレストイレを設置する場合は、希望の便器は水圧が低くても対応できるかを確認しましょう。
 
*床材はトイレに向いているものを選ぶこと
トイレの床は水に強く、臭いがつきにくいものを選ぶことをおすすめします。
ビニール素材のものやセラミックタイルがトイレの床材に適しています。
ビニール素材は水拭きできますし、模様の種類も豊富です。
また、セラミックタイルは汚れや臭いがつきにくいだけでなく、抗菌効果も見込めます。
 

□マンションの規約によってはできないリフォームもある
マンションの専有部分のリフォームやトイレの増設・移動は規約によってできない可能性があります。
なぜなら、マンションでリフォームできるのは専有部分のみだからです。
共用部分はリフォームできませんし、トイレは個人の家の中にあるものだからと言って、どのマンションでもリフォームできるとは限りません。
必ずそれぞれのマンションの管理規約や規則を確認してください。
 

□まとめ
今回はトイレをリフォームするときの注意点について説明しました。
トイレのリフォームをする際には上述したような注意点があるので、規約や排水のタイプを確認してください。
住之江区付近にお住まいの方でリフォームを検討している方は、是非一度当社にご相談ください。
株式会社プロバイス
06-6115-1717
〒559-0024
大阪府大阪市住之江区新北島1-2-1 オスカードリーム1階
TEL.06-6115-1717
FAX.06-6115-1818
営業時間:
10:00-19:00
(日曜日は18:00まで)
定休日 :毎週水曜日
TOPへ戻る