本文へ移動

やったるでブログ

RSS(別ウィンドウで開きます) 

夏のふれ愛リフォーム祭りの報告

2017-08-28
キッチンの展示台のまえで

825日、26日の土日に私たちの店があるオスカードリームのホールでイベントを開催しました。

 

おかげさまで約60組のお客様に来ていただくことができました。

 

キッチンやお風呂などの実物展示や「似顔絵コーナー」、「運命鑑定」、「フラワーアレンジ」などの催しコーナーも賑わい、私たちもお客さまと一緒に楽しい2日間を過ごさせていただきました。

 

次は10月の2122日に同じオスカードリームでの開催を予定しています。

スタッフ一同、より充実した楽しいイベントになるようがんばります。

 

その頃には随分とすごしやすい季節になっていることと思います、近づいてきましたらご案内させていただきますのでぜひ遊びにきてください。

 

マンションだけど対面キッチンにできますか?

2017-08-17
「マンションだけど、対面キッチンにできますか?」という質問を受けることがよくあります。
 
結論から言いますとほとんどのマンションで対面式にすることができます。
 
水道やガス、換気扇の排気など技術的な面では、間取りや構造によって方法が少し異なりますがほとんどのマンションで可能です。
金額的には普通のキッチンの入替に比べて5~6万円ほど高くなる程度です。
 
対面キッチンにすることで、キッチンに向かって背中の壁に冷蔵庫、食器棚、家電収納などを並べておくことができ、見た目もすっきりし、収納量も増え、動線もよくて使いやすくなります。
そして、外の景色やテレビを見ながら炊事ができるのは何より気持ちのいいものです。
キッチンリフォームを計画するときがあればぜひ対面キッチンも選択肢の一つに加えて検討してみてください。

スケルトンリフォームとリノベーション

2017-06-20

スケルトンリフォームとリノベーション

 

スケルトンリフォームとは

スケルトンとは元来動物などの骨格を意味するそうです。リフォームでスケルトンリフォームという場合は、文字通り建物の骨格部分(木造住宅ならば柱や土台等、マンションならばコンクリート部分)だけを残し、キッチン等の水回りや間仕切りを新しくしていくリフォームのやり方のことです。

 

リノベーションとは

リノベーションを英和辞典で調べると「改修・刷新」と訳されています。しかし、日本で「リノベーション」という言葉を使うときは単なる改装ではなく、住まいに新たに価値を付け加えるという意味合いで使われる場合が多いようです。ライフスタイルやライフステージに変化があった場合、例えば、子供達が巣立っていったあと、今まで細かく仕切っていた間取りを取り払い広いリビングにするといった場合がこれにあたります。

 

スケルトンリフォームとリノベーションの違い

どちらもあいまいなまま「全面改装」という意味で使う場合が多いようですが、リノベーションの場合は必ずしもスケルトンにまでする必要はなく、住まい方に新たな価値が付け加えられるのならそれはリノベーションといってもよいと私は思っています。

 

スケルトンリフォームはいうならば「ハード」リノベーションは「ソフト」といえるかもしれませんね。

友人

2017-04-20
いつも奈良や京都を一緒に歩いている友人2人が偶然にもこの春同時にリタイアしました。
定年を過ぎてから一度退職して、それぞれが勤めていた会社に嘱託として勤務していたのですが完全にフリーになるそうです。現役の私としては少し羨ましい気もしますが、実際フリーになった後、毎日の時間をどう過ごすかは長くサラリーマンをやってきた男たちにとっては切実な課題です。
 
幸いにも(不幸にも?)僕はリタイアするかどうかの選択は私自身が決定できるのですが、いずれは会社を後継者に譲りリタイアする時がやってくるだろうと思っています。
 
4月後半の休日には彼らと吉野を散策してきます。歩いた後の恒例の飲み会では少し真面目にでも軽やかにそんな話をしようと思っています。
 

紹介・リピート

2017-01-30
プロバイスに来店していただいたことのあるお客様は「紹介・リピートNO1宣言」と書かれた額が掛かっているのをご覧になった方もあると思います。それは紹介やリピートでリフォームの工事を任せていただけることは、信頼の証しであり、お客様にそのように宣言をすることで、自らの行動を律していきたいと考えているからです。
ちなみに業態は違いますが、東京ディズニーランドのリピーター率は90%以上という驚異的な数字になっています。
その要因は大きく2つあるそうで、ひとつ目は『過剰情報の提供』だそうです。
敷地の広さやアトラクションの多さから、一度行っただけではディズニーの世界を味わいきれず、『再び来たい』という気持ちにさせているようです。
そして、もうひとつが『ハイレベルなサービスの徹底』です。キャストが非常に訓練されているだけでなく、目につきにくいアトラクションの細部にいたるまでディズニーの世界観がつくり込まれています。
さて、プロバイスの紹介・リピート率は60%弱(過去3年調査)であとは新規のお客様です。
この数字がNO1になっているのかどうかはほんとうのところわかりません(笑)。
しかし、一度弊社でリフォームをされたお客様から「やってよかった。また今度するときはプロバイスに頼もう。リフォームをやりたい人がいたら紹介しよう」 そのように思っていただけるよう、高品質でハイレベルなサービスを目指して少しでもディズニーランドのリピート率に近づけるよう頑張りたいと思います。
株式会社プロバイス
06-6115-1717
〒559-0024
大阪府大阪市住之江区新北島1-2-1 オスカードリーム1階
TEL.06-6115-1717
FAX.06-6115-1818
営業時間:
10:00-19:00
(日曜日は18:00まで)
定休日 :毎週水曜日
TOPへ戻る